生きるために人は夢を見る。|本のおすすめ

Trinity教育研究所HOMEおすすめスペース>生きるために人は夢を見る。

生きるために人は夢を見る。

生きるために人は夢を見る。

生きるために人は夢を見る。

将来が不安だ、希望がない、不透明だ・・・。そんな世の中だからこそ、本書を手に取りたい。左腕の林建次さんとアートパートナーの伊藤史織さん、そしてボクサーが「生き様」の表現を共演している。

◇すでに本サイト「左腕のカメラマン林建次さんが立つ場所~モーメントG」で紹介した林さんと伊藤史織さんとの共著が出版される。7月25日、全国書店に並ぶ。

◇先週仲間内で出版パーティーが行われた。林さんと伊藤さんを、多くの仲間であるボクサーが優しい眼差しで受け入れていた。

◇しかし、本書を開くと、その眼差しは、「生き様」をとらえていた。

◇伊藤さんはこう書いている。
 

リングとはそれぞれが生きるために立つ舞台だ。
林にとってのリングとは、まさにこの本なのかもしれない。今までの集大成を、ここで披露した。
ボクサーの姿や声は、林自身の生き方や叫びそのものだった。
 


◇生きるための舞台。それは生きるための夢そのもの。そこでは自分は荒野の狼だ。

◇本書で、読者は、生き様を表現できるリングを見つけられるだろう。

生きるために人は夢を見る。に関連する記事一覧

2件中 1~2件表示

<<戻る  1  次へ>>